• home
  • ブログ
  • Swiftとは? iOSアプリの開発言語について解説!
  • 業務効率化
  • 用語集

23.01.24

NEW
  • twitter
  • facebook

Swiftとは? iOSアプリの開発言語について解説!

iOSアプリを開発したい」と考えている方がまず検討するのはSwiftではないでしょうか?

Swiftとは、Apple社が開発したiOS・Mac向けのアプリ開発用の言語です。本記事では、Swiftについて疑問に思っている方へ、概要から特徴について分かりやすく解説していきます。

Swiftとは iOS・Mac向けのアプリ開発言語

Swiftは、Apple社が開発したiOS・Mac向けのアプリ開発ができるプログラミング言語です。2014年にApple社が発表し、それ以降、Apple社製品向けアプリ開発にて非常に高い人気を集めています。

 

Apple製プログラミング言語

これまで、iOS・Mac向けのアプリ開発の現場では、Objective-Cという複雑な言語を使用してプログラミングをしていました。この言語は、他の言語と比較してもコードの記述が独特であり、学習コストが高い点が難点でした。

Apple社は、Objective-Cが主流の際も、より使いやすいようサポートとして、様々なサービスを展開してきましたが、あくまでも基本の言語はObjective-Cのままでした。そのため、部分的に他の言語で書き換えができるなどの汎用性はありましたが、習得の難しいObjective-Cを理解する必要がある、という点は変わりませんでした。

そんなObjective-Cに変わる全く新しい言語として、Swiftは非常に高い注目を集めたのです。

大きな変更点として、RubyやPythonのような現代的プログラミング言語の特徴を取り入れられました。それによって、コード記述も既存の言語の考え方に近くなり、よりモダンで使い勝手の良い言語として広く受け入れられました。

 

Swiftで作れるアプリ

SwiftはiOS・Mac向けのアプリ開発に対応していると解説してきました。Apple社は多種多様なデバイスを開発・提供しており、その中でも具体的に作成できるアプリについて紹介していきます。

 

iPhone・iPodtouch・iPad

iPhone・iPodtouch・iPad」のアプリを作ることができます。

日本は世界と比較しても、スマートフォン市場でのシェアが高い割合を持っています。そんなiPhone専用のアプリを作ることもできますし、同時に、iPhone・iPodtouch・iPad全てに対応したアプリを作ることもできます。

 

Apple watch

近年注目の「Apple watch」のアプリも作成することができます。

在宅ワークが浸透し、健康志向や運動習慣を意識する方が増えたことで広く広まったApple Watch。専用のアプリ市場は、まだまだ未発展であり、今後の発展や展開が楽しみなジャンルの一つです。

 

Apple TV

Apple TV」に対応したアプリを作成できます。

すでに展開されているアプリとして、YoutubeやHuluといった動画配信サービスアプリやカラオケ・音楽視聴などのアプリが人気を集めています。また、Apple TV専用アプリは Apple Watch同様にまだまだ未発展な市場であり、新たな可能性が広がっているジャンルでもあります。

Swiftの特徴

続いて、 Swiftの特徴について大きく4つ解説していきます。

 

シンプルで分かりやすいコード

Swiftは、プログラミング言語としてモダンでコードが読みやすく、書きやすい設計になっています。

RubyやPythonのような現代的プログラミング言語の使いやすさ、洗練された良い部分を取り入れており、とてもシンプルに進化しました。とくに、変数の指定の際に型が不要である点や改行時に;(セミコロン)を不要とした点などは、大きな特徴です。

他言語の良い部分を取り入れた受け入れられやすいこの言語は、他の言語を身につけているプログラマーにとっても理解しやすく、また初心者にとっても学習しやすいものとなっています。

リリースから現在も、幅広く利用され利便性の高い言語となっております。

 

安定性が高く不具合やバグが起こりにくい

Swiftは、安定性が高く不具合やバグが起こりにくいという特徴があります。

これは、既存のプログラミング言語では、記述ミスが発生しやすかったポイントを文法的に解決したことによるものです。言語として、必要なコードのみを記述できる可能性が高いことから、誤った処理を実行することなく、開発者の人為ミスによる不具合が起こりにくいという、高い安定性を獲得しました。

合わせて、「Playground」と呼ばれる機能があり、コーディング中に動作やロジックをチェックすることができます。

これまで、Objective-CやC言語では、修正ごとに毎回システムやアプリケーションを実行する必要がありました。しかし、Playgroundを使うとコーディングしながらリアルタイムで内容をチェックすることができるため、修正箇所がわかりやすく、開発時間が短縮できます。また、同時にコードの確認が容易になったことから、不具合やバグの防止につながります。

 

高速なパフォーマンス

Swiftは英語で「迅速」や「すばやい」という意味を持ちます。そして、プログラミング言語である「Swift」についても、その名前の通り高速な動作を実現しています。

これまでの言語よりも処理速度が大幅に高速化しており、Objective-Cよりも最大で2.6倍、Python 2.7よりも最大で8.4倍の高速処理が可能です。近年のアプリは動画や音声など、大量のデータを扱うものが主流であり、処理速度の速さはアプリの魅力として大きなメリットです。

この高速性は、Swiftがコンパイラ型言語であることに由来しています。

コンパイラ型言語とは、人間が書いたコードを一度に全てコンピューターが理解できる言語に変換するプログラミング言語を意味します。この言語の特徴として、少しづつ変換を行う場合より処理が早く、スムーズな動作が実現できるという利点があります。

Swiftはこのコンパイラ型言語を採用したことにより、処理速度の高速化を実現したのです。

 

Objective-Cとの互換性

Swiftには、これまでiOSやMacの開発に使われてきたObjective-Cとの互換性があり、Objective-C++やC言語とも混在が可能です。

SwiftとObjective-Cとの間でAPIを共有したり、Objective-Cの間のフレームワークをSwiftにインポートしたりと、シームレスに使用することができます。そのため、これまでObjective-Cで開発してきた資産を引き続き活用することができるのです。

 

SwiftでiOS・Mac向けのアプリを開発しよう

ここまで、 「Swiftとは」「 Swiftの特徴」について紹介してきました。

Swiftは2014年に発表されてから現在まで非常に幅広く活用されているプログラミング言語です。iOS・Mac製品の普及は現在も広がっており、今後も活用されていくことが予想されています。

またiOSアプリ開発に留まらず、サーバーサイドSwiftの開発もどんどん進んでおり、従来のObjective-Cを比較すると非常にモダンな言語となったため、初心者にとって学習コストが低くなりました。

iOS・Mac向けアプリの開発を考えているのであれば、一度Swiftについても選択肢に検討してみてはいかがでしょうか?