• home
  • ブログ
  • スクラムマスターとは?アジャイル開発における重要性と役割について解説!
  • オフショア
  • 用語集

22.05.13

NEW
  • twitter
  • facebook

スクラムマスターとは?アジャイル開発における重要性と役割について解説!

スクラムマスターとはスクラム開発においてプロジェクトを円滑に進めるため、様々な調整などを行う役割のことです。

本記事ではスクラム開発における他の役割と比較しながら、スクラムマスターがどのような役割を担っているかについて解説していきます。

そもそもスクラム開発とは?

スクラム開発とは、少人数のチームに分かれて短期間で開発を行う手法です。

スプリントと呼ばれる一定の期間ごとに機能単位で計画→設計→実装→テストといった開発工程を行います。機能ごとに開発を行うため、仕様変更などにも「柔軟に対応できる」のが特徴です。

スクラム開発にあたり、チームのメンバーは以下の3種類の役割に分かれます。

担 当 役 割
プロダクトオーナー プロダクトの方向性などを意思決定し、スプリントごとの評価を行う
開発者 スプリントの責任を持ち、プロダクトオーナーの意向に沿って開発を進める
スクラムマスター 全体の調整役としてプロダクトオーナーや開発チームが抱える課題の解決に取り組む

 

今回はこの中のスクラムマスターについて、詳しく解説していきます。

スクラムマスターの役割

上述した通り、スクラムマスターにはチーム全体の調整役としての役割があり、業務内容は多岐にわたります。

今回はその中から最も重要となる3つの役割をご紹介します。

スプリントの計画を立てる

スクラムマスターは、開発チームが行う作業に優先順位を設定したリストであるプロダクトバックログから次回のスプリントで対応する内容を選択し、必要なデータや情報を整備します。

例えば、作業Aを行うのに作業Bが必要な場合、作業Bが終わっていない状態で作業Aは取りかかれません。そのため、作業Bを行うのに必要な情報や仕様がまとまっているかなどを確認し、次回のスプリントで作業Bができそうかなどの調整を行う必要があります。こういった計画は開発をスムーズに進めるために必須となります。

チーム内外の障害や問題を把握・解決する

スクラムマスターは開発の障害、問題となる内容を把握し対応方法を考えなければいけません。スクラム開発の性質上、開発当初は小さい問題だったものがシステム全体が出来上がるにつれて修正が難しい重要な問題となり、対応が難しくなるケースが生じます。

問題が大きくなるにつれて計画が崩れてしまい、開発がどんどん遅延していくことも考えられるので、スクラムマスターはそういったものを把握し、解決のために動かなければいけません。また、問題を把握するためにチームメンバーとの積極的なコミュニケーションも不可欠となります。

プロダクトオーナーのサポート

プロダクトのタスクをメインで管理するのはプロダクトオーナーになります。

しかし、計画通りに進むことは稀で、実際の開発の進み具合や状況を考慮して軌道修正を行う必要があります。その際、チーム内の問題を把握しているスクラムマスターがプロダクトオーナーと連携し、プロジェクトが円滑に進むように調整を行います。

プロダクトオーナーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。
プロダクトオーナーとは?スクラム開発における重要性と役割を解説!

スクラムマスターは重要なのか?

スクラムマスターの重要性はプロジェクトの規模や開発チームが抱えている問題によってその重要度が大きく変わります。開発の規模が大きいプロジェクトや、開発が手一杯で全体の開発計画の管理が難しくなってきた場合は、開発状況を調整するスクラムマスターがいることで開発が円滑に進む可能性があります。

一方で、チームメンバー全員が問題点を把握できている場合や、開発規模が小さく計画管理が容易な場合はスクラムマスターの恩恵は少ないと言えるでしょう。

しかしながら、スクラムマスターがいることで開発者は開発に、プロダクトオーナーはプロダクト管理に専念することができるため、プロジェクトを進める上で重要な役割であることに変わりはありません。

スクラムマスターはスクラム開発において重要な役割

スクラム開発においてプロジェクト全体を管理、進めていけるプロジェクトマスターは重要な役割と言えます。

また、スクラム開発に限らず、プロジェクト全体の課題を把握、解決する能力や開発を円滑に進めるためのスキルは多くの場面で活躍するでしょう。